--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.05 (Wed)

3/5 ノア記事

小橋が苦汁の決断、グローバル・タッグリーグ戦は辞退=ノア
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20080304-00000019-spnavi-fight.html

都内・ディファ有明内でのノア役員会を終え、報道陣の前に姿を現した小橋は、神妙な面持ちで「苦渋の決断をしました」と切り出した。前日に病院でCT検査など精密検査を受けた小橋は、がんの転移や再発の恐れはなく、3月29日に東京・後楽園ホールで開幕する次期シリーズにもスポット参戦することを明言した。しかし、検査結果や主治医とも相談した結果、万全の体調とはいえないため、「いまの状態ではリーグ戦にエントリーすることはできない」と、同リーグ戦の出場は回避した。

 もともとこのリーグ戦は、現GHCタッグ王者である丸藤正道&杉浦貴組が、タッグ戦線の活性化をうながそうと提唱したものだ。王者組は小橋にも参戦を呼び掛け、腎臓がんによる長期欠場でGHCタッグ王座を返上した経緯のある小橋も、ノア最強タッグの座奪回を見据えて参戦の意思を示していた。だが、一晩考え抜え抜いたという小橋は「せっかくこういうリーグ戦があるので出たいという気持ちは強かったけど、苦渋の決断だった。いまも苦しい」と語った。同リーグ戦で優勝することは現GHCタッグ王座と匹敵するほどの高い位置付けだっただけに、小橋は「これまでシングルでもタッグでもGHCのベルトも巻いていたきたからその重みが分かる」と述べ、将来に万全のコンディションを整えるための辞退であることを強調した。

小橋選手タッグリーグ戦辞退です
正直、管理人は辞退してくれて良かったと思います。復帰後は復帰戦を含めて8試合しかやっていません
リーグ戦に参加すると9チームと対戦。すなわち9試合タイトルマッチに近いような激しい試合をしなければなりません
さらに他の選手はリーグ戦以外にもシリーズで試合をするためリーグ戦以外で試合をしないのはどうなのかという声も上がっていたかもしれません
本人は辛いようですがよく決断してくれたと思います

三沢、次の目標はグローバル・タッグリーグ戦優勝=ノア
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20080304-00000021-spnavi-fight.html

ラリアットやモリシハンマー、ネックブリーカーなど森嶋から再三にわたり古傷の首を痛めつけられ、最後はバックドロップでトドメを刺された三沢。試合後はダメージが大きく病院へ直行した。昨年1月のタイトルマッチと同じ悲劇に見舞われてしまった。激戦から2日たったこの日も三沢は「首が痛い、曲がらない」とぼやく。それでも「悔しさはない。やるだけはやった」とさばさばした様子で、森嶋のバックドロップについても「高さが加われば鶴田さんくらいの威力があるでしょう」と語り、「頑張ってほしい」と若き新王者にエールを送った。

この人も無理しすぎです
東スポによると右目にも異常があったようですし休んでも文句言われないと思うんですが・・・
あと、いい加減三沢・小川組はいいです
入場のスパルタンX→みっさっわっ!みっさっわっ!が最大の盛り上がりというパターンが多すぎるし
スポンサーサイト
09:27  |  プロレスネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tadakichikun.blog29.fc2.com/tb.php/84-34fdc71f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。